今、日本では多くの人が外出時の『トイレ』のことで困っています(下記参照)。 高齢者や障がい者の人たちは、友達と食事に出かけたり、 ショッピングや散歩に出かけたりしても近くにトイレがあるか確認できないと、 楽しく過ごすことができません。 みんなでオープン・トイレ・プロジェクトに取り組み、誰もが安心して観光できる街をつくりませんか?
車椅子を使っている人を含めた肢体障がい者 オムツが必要なお子様がいらっしゃる親御さん(1歳未満の乳児) 腹部などに排泄のための人工肛門・人工膀胱を増設した方



賛同店舗の入り口にステッカーの貼付

プロジェクトに賛同いただいた店舗や施設の入り口に、トイレを貸し出していることを伝えるステッカーを貼り付けます。 トイレ利用者は、街を歩きながら、多機能トイレや一般のトイレの貸し出しをしている店舗を見つけることができます。



WEBサイトやアプリケーションなどで情報発信

トイレの情報をWEBサイト「Check A Toilet」および、各種スマートフォンのアプリなどで発信し、トイレの情報を共有します。 ※2011年11月現在、多機能トイレに限り、google map、NAVITIMEなどでも掲載します。